脱毛の悩み口コミレビュー

最新の脱毛事情、耳寄り情報が満載

髭(ヒゲ・ひげ)が濃い悩み 髭を薄くするには

投稿日:

髭の濃さはどうにもならない?意外な原因と対策方法

男性にとって髭(ヒゲ・ひげ)は「濃さが気になる」というコンプレックスのもとになりやすいものです。
「髭(ひげ)の濃さは生まれつき変わらない」と思っている方も多いようですが、髭(ヒゲ)の濃さは生活習慣などによってある程度変化すると言われています。
一体なぜ髭の濃さが変わるのか、濃くなった髭を薄くするためにはどうすれば良いのかについて説明しますので、髭の濃さに悩まれている方は要チェックですよ!

ひげ悩み

 
 

髭(ひげ)の濃さに関係しているのは…

まずは、髭を濃くすると言われることから説明します。
髭の濃さに関係することを知れば、どう対策すれば良いのか分かりやすくなります。

過剰な筋トレ

体を鍛えることで、脳が男性ホルモンを分泌するように指示を出します。
この男性ホルモンが髭を濃くすることに関わっているため、筋トレを行うことを習慣にしていると髭が濃くなると言われています。
筋トレと髭がどう関係あるの?って思いますが、筋トレをすることで男性ホルモンが分泌されるようになり、髭が濃くなるというのは少し意外ですね。

 

煙草

これもまた、男性ホルモンが関わっています。
喫煙を行うことで体の中には有害物質を取り込むことになり、脳が有害物質を排出するために男性ホルモンの分泌量を増加させてしまうのです。
そして、煙草を吸う際に喫煙所を利用する場合は、脳が「外的刺激が多い!体を有害物質から守らなければ!」と判断して、さらに男性ホルモンの分泌量を増やして髭が濃くなったり、髭の伸びるスピードを早めたりします。

 

過度なストレス

ストレスを感じない人、というのはほとんどおられないと思いますが、ストレスが多くなりすぎている場合にはホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。
これによって男性ホルモンの分泌量が増えている場合にも、髭(ひげ)の濃さに影響が出ます。

 

老化

加齢により、体の中ではテストステロンという名前のホルモンの分泌量が年々低下していきます。
それと同時に、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストロンの分泌量が増えていき、体毛や髭を濃くしてしまいます。

 

偏った食生活

ふだんの食事で、野菜はどの程度食べていますか?
野菜嫌いだから、自炊が面倒だからと言ってお肉中心の食生活を続けていると、タンパク質をたくさん摂取することになります。
タンパク質は体を構成するための大切な栄養素ですが、タンパク質ばかりを摂取していることでも男性ホルモンの分泌量が増えてしまいます。

 

夜更かし

寝る時間が遅くなるという生活が続くと、ホルモンバランスの乱れにつながります。
夜更かしで確実に髭が濃くなるとは断言できませんが、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが必要以上に多くなるという可能性は大いに考えられることですので、なるべく夜更かしをしないようにしましょう。

 

ピンセットや毛抜きで髭を抜く

ここまでは男性ホルモンの分泌量に係わることでしたが、これについては髭の処理の仕方です。
髭剃りを使うほど髭が濃くない場合や、髭が気になっている方の中には、ピンセットや毛抜きを使って毛を一本ずつ抜いている、という方もおられると思います。
しかし、毛を引っ張って抜く、ということで肌や毛穴に負担をかけることになり、炎症が発生することがありますし、体が「次の毛はもっと強い毛にしなければ」と判断して毛の濃さが増すことがあります。

 
 

髭が濃い人、どう見える?

髭について周囲が抱く感情は個人個人によって異なりますが、注意して髭の手入れをしていなければ、ネガティブなイメージを抱かれることも少なくないようです。

似合わない髭は不潔に見える?

髭を生やしてきちんと整えておけば、「ワイルド」「おしゃれ」といったイメージを持たれることもありますが、髭が似合っていなかったり、きちんと整っていない場合だと「ちゃんとケアができていない人?」と思われてしまうこともあるようです。

 

髭があると老けて見られる?

髭を生やしている人の多くは、実年齢よりも年上に見られる傾向があります。
また、雰囲気も少し強く見られるようになります。
年相応程度に見られたい、という場合は髭を伸ばすのはおすすめとは言えません。

 
 

濃い髭を少しでも薄くしたい!そんなときの対処法

髭は男性であれば誰にでも生えるものですが、髭の濃さが気になってしまう、という方も大勢おられます。
そんなときにおすすめの対処法を紹介します。

脱毛クリームなどを使ってケアする

脱毛クリームや脱毛ローションといったアイテムを使えば、髭を少しずつ抑えることができます。
髭が生える部分にだけ塗る、という簡単な使用方法が魅力的ですが、効果が出るまでには数か月必要になります。
また、毛にアプローチする力を持った成分を使っていますので、敏感肌だという方が使用すると刺激を感じることがあります。

 

日焼けをして髭を目立たなくする

濃い髭が目立つのが気になる、という方の多くは肌の色が白い方が多いようですので、髭の濃さを薄くするのではなく、肌の色を濃くして髭を目立たなくさせることを目的としています。
しかし、日焼けをしても肌の色が濃くならない場合は、これは有効な方法ではありませんし、日焼けのしすぎで肌が痛くなるのは将来シミやシワができるリスクを高めることになりますので、避けてるようにしてください。

 

脱毛サロン、クリニックへ行く

脱毛は女性が行うもの、という考えはもはや古いものになりつつあります。
近年は男性専用の脱毛サロンやクリニックが増えています。
女性スタッフに抵抗がある場合は、男性スタッフが揃っている店舗を使うのが良いでしょう。

脱毛はサロンで行う光脱毛と、クリニックで行うレーザー脱毛があります。
費用は抑えられるものの終了までに時間がかかる光脱毛、高価にはなるけれど早く終了するレーザー脱毛、というふうに違いがあります。
さらに、マシンによって痛みの具合なども異なりますので、本格的に髭にまつわる悩みを解消したいと思う場合には、サロンの公式ホームページや経験者の口コミを参考にしてみましょう。

 

肉中心の生活は止める

最も取り入れやすいのが、食生活ではないでしょうか。
さきほども解説した、肉の食べ過ぎは今日からでも改善できることですね。
おすすめとなる食材は、サバ、アジ、煮干しといった青魚です。
さらに、女性ホルモンに似た働きを持つことで知られる大豆イソフラボンも男性ホルモンの抑制に効果的ですので、豆腐、豆乳といった食材を摂取するようにしましょう。

 

適度な運動

軽い運動をすることで、ストレス発散をして髭が濃くなる原因に対処できます。
毎日の仕事の疲れや人間関係などのストレスのせいで男性ホルモンが多くなっている場合にはかなり効果的です。
好きな音楽を聞きながら歩く、というだけでも良いですよ。

 
 

正しく髭を剃っておくことも大切

自己流で髭を剃っているという場合には、そのせいで髭が濃くなっている可能性も考えられますので、正しい髭剃り方法を覚えておきましょう。

1.洗顔をする

顔の汚れを落とすためにも、髭を剃る前には洗顔をしておきましょう。
シェービングが馴染みやすくなるほか、髭もわずかに柔らかくなって剃りやすくなります。

 

2.蒸しタオル

水で濡らしたタオルを電子レンジで人肌程度に温めて、顔に乗せます。
蒸気で髭が柔らかくなるので、髭がかなり剃りやすい状態になります。

 

3.シェービング剤を使う

髭を剃る場合には、シェービング剤とT字カミソリを使って行いましょう。
シェービング剤にはジェルや泡などさまざまな種類がありますので、自分の肌にあったもの、使いやすいものを使ってください。
電動シェーバーは便利ですが肌表面にある髭しか剃れませんので、しっかり深く髭を剃りたい場合にはT字カミソリの方がおすすめです。

 

髭の悩みの原因は意外な点に潜んでいる

「髭の濃さは生まれつきのものだからどうにもできない」と諦めている方も多いのではないでしょうか。
しかし、食生活や髭の剃り方によってケアすることは可能です。
毎日の習慣やクセを見直して、髭を少しでも薄くしていけるように挑戦してみましょう。

 
 

-脱毛(男性)
-, ,

Copyright© 脱毛の悩み口コミレビュー , 2018 All Rights Reserved.