脱毛の悩み口コミレビュー

最新の脱毛事情、耳寄り情報が満載

ダンディハウスの美容電気脱毛をご紹介

投稿日:

ダンディハウスの美容電気脱毛で永久脱毛

男性同士ではあまり話題に上ることはないかもしれませんが、密かにヒゲや体毛の濃さを気にしている人は多いようです。
こまめに手入れをするのは面倒ですし、手入れの方法を誤ると乾燥や吹き出物といったトラブルも起こりかねません。
どうすれば良いのかと悩んでおられる方のなかには、思い切って脱毛をしてしまうという人も。
ここでは、男性向け脱毛サロンであるダンディハウスの美容電気脱毛について紹介します。

ダンディハウス

 

\くわしくはこちら/
↓ ↓ ↓

 
 

体毛にはふたつの種類がある

私たちの体に生えている毛はどれも同じという訳ではなく、性毛、無性毛という、ふたつの種類に分けることができます。

性毛は第二次性徴期に生えてくるもので、脇や陰部に生えてくる毛が当てはまります。
見た目にも毛が太いのが分かりやすく、毛根組織がしっかりしているほか、毛の生え方も一定ではないというのが特徴です。
また、性毛は体臭の発生源であるアポクリン腺という汗腺があるというのも特徴となっています。

性毛は、男女ともに生えてくる両性毛と、男性ホルモンの影響を受けやすい前頭部と頭頂部の髪の毛、ヒゲ毛、胸毛、スネ毛といった男性毛に分けられています。
女性にヒゲや胸毛が生えないというのは男性ホルモンの影響だったのですね。

無性毛はこれらに当てはまらない体毛を指します。
側頭部と後頭部の髪の毛、まつげ、眉毛といった体毛のほか、腕、足の毛が無性毛になります。

性毛が太く一定ではない生え方をするのに比べて、無性毛は細く、一定の生え方をするという特徴があります。

このふたつの体毛は、生え変わりサイクルも異なります。
性毛は生え変わりのサイクルが長くなっており、1年から2年という時間をかけて成長し、やがて抜け落ちていきます。
しかし、無性毛はだいたい4か月ほどで抜け落ちてしまいます。

 
 

ダンディハウスで受けられる脱毛はどんなものなのか

美容電気脱毛という脱毛は、かなり古くから存在する脱毛方法です。
とくにアメリカでの歴史は長く、なんと130年以上も昔から存在していました。
日本でも、女性向けの脱毛方法として長い歴史を持っています。

その脱毛方法は、毛穴にブローブと呼ばれる電極を刺しこみ、電流を流すことで直接毛根を刺激するという方法です。
毛根組織にダメージを与えてしまうため、施術を行った毛は直後に抜け落ちていき、生えてこなくなります。
これは永久脱毛と呼ばれる効果ですので、絶対にムダ毛を生やしたくないと思われる方にはおすすめの施術です。

皮膚に電極を指し込みますが、ブローブの先端は丸い形になっていますので出血などのトラブルは起こりにくくなっていますし、ブローブは基本的に使い捨てとなっていますので衛生面での心配もありません。
しかし、皮膚に電気を流すという施術ですので痛みがあります。
施術前にカウンセリングなどで詳細に施術の工程や痛みについて聞いておくと安心感を得られますよ。

 
 

その他にも脱毛方法はあります

美容電気脱毛に少し恐怖感や抵抗があるという場合、光脱毛や医療レーザー脱毛という脱毛方法を視野に入れてみてはいかがでしょう。
毛根を直接刺激する美容電気脱毛とは異なり、永久脱毛と言えるだけの高い効果はありませんが、光脱毛と医療レーザー脱毛でも毛を減らしたり、半永久的に脱毛したりすることができます。

また、施術の際に痛みがある美容電気脱毛に比べると、光脱毛と医療レーザー脱毛では痛みのレベルは格段に下がります。
このふたつは光や熱を使って毛根にあるメラニン色素を刺激するという施術方式ですので、ゴムで弾いた程度の痛みを感じることがあるというくらいで済みます。

ただし、こちらの方法ですと、1度の施術で終わるというわけにはいきません。
体毛の生え変わりのサイクルに合わせて何度か施術を受けに行く必要があります。
ヒゲは平均的に3週間から1か月半に1度、その他の体毛であれば1か月半から3か月に1度という頻度でサロンやクリニックに通う必要があります。

あくまでも半永久的な脱毛ですので、人によっては再び毛根ができて毛が生えてくるということも考えられるという点を、光脱毛や医療レーザー脱毛を受ける際には覚えておきましょう。

 
 

脱毛サロンに通うほどではないのであれば、家庭用脱毛器も

プロの施術を受ければ高い効果は得られますが、わざわざ通うのも恥ずかしい、脱毛に通うための時間がないという場合は、自宅で脱毛器具を使って脱毛を行うというのも良いでしょう。
エステサロンで使うマシンと比べると出力はかなり抑えられていますが、マシンの原理としては同じですので、継続して使い続けることで効果が得られるという口コミもあります。

光を使った脱毛器は、一度に照射できる範囲は広く痛みを感じにくいのですが、脱毛の効果が得るのには少し時間がかかります。
それに比べると、レーザーを使った脱毛器のほうが出力は強く、効果も高くなっていますが、一度に照射できる範囲は狭くなっており、皮膚が薄い部分や柔らかい部分では痛みを感じることもあります。

もうひとつ、熱線でムダ毛を焼き切るサーコミン方式という脱毛器もありますが、これは脱毛というよりは除毛に近い脱毛器です。
熱線の熱が毛母細胞に到達するため、ムダ毛が生えてくるサイクルを遅くさせることが可能になります。
直接肌を痛めたりすることがありませんので、使いやすいようです。

自宅で脱毛ができるのは手軽ですので、体毛が気になる人はまず脱毛器から始めてみるのもおすすめです。

 

\くわしくはこちら/
↓ ↓ ↓

 
 

-脱毛(男性)
-, ,

Copyright© 脱毛の悩み口コミレビュー , 2018 All Rights Reserved.