脱毛の悩み口コミレビュー

最新の脱毛事情、耳寄り情報が満載

50代の脱毛事情 エステサロン、家庭用脱毛器、石鹸、クリームどれを選ぶ?

投稿日:

笑顔の女性

諦めていたムダ毛

子供の頃から毛深くて剛毛だったんだと思います。
思います…と言うのは、本当につい最近まで「仕方がない」って諦めていたところがあるからです。

中学生の時に、プールで「背中の毛が渦巻いてる!」と友達に指摘されたり、高校生の時に「足の指にまで毛が生えてる!」なんて言われたこともあります。
でも、そんな時も自分自身も笑って済ませていました。

おしゃれにあまり興味が無かった

元々、おしゃれにもそんなに興味が無くて、他人様に不快な思いをさせなければ良いと思っている節がありました。
腕や脚にふさふさと毛がある人なんてほぼ居ないんですよね。

夏場にサンダルを履くときにだけ、足の指に生えた毛を剃る程度で、特に手入れをした記憶もありませんでした。(勿論、脇の毛は頻繁に剃ってましたよ!)
年齢的なこともあるのか、40代後半ぐらいからは毛も薄くなってきたので、もうこのまま消えてなくなってくれるんじゃないかと思っていました。

綺麗な同世代の女性たち

毛深いことで何も不自由はなかったんですが、54歳になり子育ても終わってふと周りを見ると、50代の同世代の女性がみんな綺麗なことに気付きました。
人生で初めてムダ毛の処理をしようと考えました。

 

 

自分自身のために綺麗したい

今さらと思われるかもしれませんが、人目や誰かのためではなて自分自身のために綺麗したいと思えたんです。
今までずっと、メイクをしたり綺麗に身づくろいしたりする理由の先には、いつも「人目」があったんです。
でも、ここまで来ると今更誰も何も言いません。

純粋にムダ毛のない脚でスカートが履きたいと思いました。
棚引く毛のない腕で半袖を着たいと思いました。
さすがに脱毛エステや医療脱毛に行く勇気はないので、手始めとしてドラッグストアーで簡単そうなヴィートのバスタイム除毛クリームを買ってみました。

楽しい毎日を送るために

二度ほど使用しましたが、他人には分からないよな…という感想です。
でも、数十年ぶりにスカートを買って、涼しい夏を過ごせています。

まだ試行錯誤しながらの使用なので何とも言えませんけど、「除毛」では毛根の黒い部分がまだ少し気になりますし、下手をすると太めの毛が残ってしまったりしています。
このクリームを使い終わったら、次は「除毛クリーム」ではなく「脱毛クリーム」と書かれたクリームか、脱毛石鹸か、専用のシェーバーを買ってみようかと思っています。

綺麗になるっていうのは、人目なんかの外部より自分のテンションなどの内から欲求の方が原動力になるんだと言うことをこの年になって気付きました。
楽しい毎日を送るために、諦めずに頑張ろうと思っています。

 

 

 

 

 

-口コミ・体験談
-, , , , , ,

Copyright© 脱毛の悩み口コミレビュー , 2017 All Rights Reserved.